〇ALOHAの過ごし方

ALOHAとは??

正式名称は『Love Like ALOHA』、読みは『らぶらいくあろは』。
略してALOHAとかLLAとか言われたりもする。
aikoの野外ゲリラライブのこと。
ゲリラライブなのでチケットなし(※)。
数年ごとの夏の終わり、8月30日に開催される。
第1回の江の島から2回目以降は茅ヶ崎にて。

LLA1 2003年
LLA2 2006年
LLA3 2008年
LLA4 2012年
LLA5 2015年
LLA6 2018年

当日の流れ

※過去のALOHAの例です。変更される可能性があります※


何万人の人が並んで整理券を引く。番号ではなくブロックが割り振られる。
ブロックに入場した後はROCKと同じ。ブロック内は自由に動き回れる。
LLA5の時は36000人だったらしい。
ちょっとした町くらいの人口が動く。aikoすげぇ。

ブロックごとのリストバンドを付けて貰う。

ここからずーーーっと待ち時間。
1人で来て前方を狙うのは死ねる。


ー真夏の砂浜に8時間立ちっぱー

どうなるかわかりますよね??(震え声)

昼頃
通常のライブと同じようにグッズ販売がある。
グッズの整理券あり。
1~100番の人は12時から、100~200番の人は12時30分から・・・
という具合に整理番号順にグッズ用のテントへ買いに行く。

aikoから「おーいお茶」が配られる。aikoのおごり

夕方16時くらい
バンメンによる面白ライブが始まる。音出しも兼ねてるのかも。

ライブ開始!!

18時~19時半ごろ
aiko登場!!
野外ということで普段のライブより早めに始まり早めに終わる。
サザンオールスターズなど夏っぽい曲をカバーしたりする。

最後は花火を打ち上げて終わり。

注意事項とお願い

野外ライブです
ALOHA3は雷雨。開始30分前まで開催が危ぶまれた。雨の中の×○
ALOHA4は猛暑。焼けつくような日差しの中で10時間待ち。

ALOHA、それは大自然との戦いである。。

【当日の流れ】にもあるようにとにかく待ち時間が長い。
しかもそのほとんどを真夏のビーチで過ごさねばならない。
暑さ対策は絶対に必要
海の家やaikoが用意してくれるお茶や休憩所を有効利用しましょう。
※ただし休憩所は女子専用。おっさんは死ね。

雷雨の中、みんなでビニールシートをかぶりながらaikoを待った(LLA3)こともある。

一方で大自然とaikoのコラボを満喫できるのがALOHAの醍醐味。
雨の中で歌うaiko(LLA3)や

波音をバックにカブトムシを聴ける(LLA5)のはALOHAだけ。
よーく見ると花道が濡れてる↓↓

朝から晩までaikoと大自然に浸れるイベント、それがALOHA。
後ろの方のブロックやフリーエリアなら海を楽しみながらの参戦も可能なので、
1度は行ってみた方がいいです。

持ち物リスト
日焼け止め・タオル2枚以上・着替え・レインコート・レジャーシートなど
※日傘は他の人の邪魔なのと、ビーチなので風が強くて不向き。

服装
海に行く恰好、長時間並べる格好。
ハーパンで日焼け止めガン塗りが個人的には1番良い。

ゲリラライブです

ゲリラライブなので告知やチケット発売はなし。すなわち無料。
1ヶ月くらい前から何となくaikoが匂わせてきたりする
その時開催しているライブのエンディングに「LLA」の文字をこっそり入れてきたり、
aikoのピアスが「aloha」だったり。。
今までの正式発表は以下の通り
LLA1・・・8/23
LLA2・・・8/23
LLA3・・・8/18
LLA4・・・8/21
LLA5・・・7/27
LLA6・・・8/9アイコメにて

LLA6はLLP20のアンケート(6/8から)にヒントあり。
タイトルの赤字の部分をよーく見ると830Aの文字が見えるような??
こんなんわからんww

お願い
というわけでALOHAを本気で頑張ろうとすると超過酷なイベントです。
そのしんどさを超える素晴らしいライブというのもあるけれど
体力的にROCKの100倍キツイというのも事実。
周りにしんどそうな人や困っている人がいたら助けてあげて欲しい。
熱中症は男女関係なくあります。
声をかけたり、トイレの間に荷物を見たり。
(※野外イベントなのでいろんな人が来ます。貴重品には気を付けて!)

過去のライブレポ

LLA3

LLA4

LLA5

クリックすると該当ページに飛びます

スポンサーリンク
あどせんす
あどせんす