☆Rockでの動き方

aikoのライブを”より楽しむ”ために!

aikoのライブは”POP”と”ROCK”がありますが、今回は・・・

Love Like Rock編

〇スタンディングライブです

Love Like Rock=LLRとはライブハウスでのライブ。
なので基本はスタンディングです。

~入場前~

まずドリンク代として500円が必要。
100円×5枚でもいいですが、係の人が数えるのめんどい=入場がスムーズにいかない
ので500円玉を用意しておくのが無難。
会場によって指定された位置に並びましょう。

~グッズ~

通常のライブと同じように販売していますが、
中に持って入るのは厳しいかもしれません。
(見たい位置や整理番号による)
落としたり踏まれたりしたくないならば、
早めに買ってロッカーに入れることをおススメします。

~入場後~

座席はありません。場所とか自由。移動も自由。整理番号など飾りです冷や汗冷や汗
(ZEPPの2階席など一部は座席あり)

前方の方は押したり押されたり、人のうねりがすごい。
※ただそもそも人が密集し過ぎなので、自分を押してきた(と感じる)人もほかの誰かに押されてるわけです。
aikoが近くにきたとなれば、みんなが押し合いへしあいになるのは当たり前。
いちいち怒ったり気にするより楽しんだもの勝ちです。
とは言え人のうねりが出来てしまうと個人ではどうしようもなくなります。

何かあったらすぐ近くの警備のお兄さんに!!
会場内のイメージ↓↓

20090915150218_0

〇居場所について

座席という概念がないので自由に移動できます。
どこで見るかはライブ経験、体調など自分と相談しましょう。

【前の方】
超ノリノリっす*`Д´*)ノ*`Д´*)ノ*`Д´*)ノ
圧縮もやばい。
イメージで言うと都心の朝のラッシュ+サウナ+全力でジム走る感じ?

→腕を上げたら下げる場所がなくなる
(逆に下げたらあげられない)
→鞄を落としても落ちない
→隣にいたはずの友達がいない
それくらいぎゅうぎゅうダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)

【真ん中】
会場にもよりますが、段差になっていてバーがあるので見やすい。
微妙な整理番号ならここをおさえるのもあり。

【後ろの方】
案外まったりです(*´∇`)ノシ
ゆっくり見れるし、会場自体が小さいので十分にaikoは見れる。
体感でPOP(ホールツアー)の会場の10列目くらいの感じ。
後ろの方がちょうどaikoの目線が来るのでむしろ目が合うチャンス!!

その日の体調や気持ちと相談して各々のステージに向かいましょう。
しんどくなったら近くのイケメンに寄りかかるべし。

『みんなが前に行きたい』から圧縮状態になっているので
下がろうとすれば自然と道を開けてくれる。
しんどくなったら無理はだめ。下がる勇気指でOK

〇特に前狙いの場合に気を付けること

・服装
ヒールやサンダルはだめ、絶対
大きなピアス、ブレスレットなど金属製の固いアクセは凶器になります。
踏んづけたりひっかかったり・・・ケガの元になるよーあせあせ(飛び散る汗)
帽子なども他の人の視界の妨げになります。

・髪型
下の方でくくるのが無難。
ポニテやお団子は微妙。。。
(スタンディングは地面が平坦なので)後ろの人が見えません冷や汗冷や汗
自分自身も、もみくちゃになるのでお団子や編み込みなど崩壊しますあせあせ(飛び散る汗)
ポニテは後ろの人にむしゃむしゃ美味しく頂かれます。

・身だしなみ
隣の人とめちゃくちゃ密着します。
男子のひげ、体臭などはもはや公害レベル。
気を付けましょう。

・歌わない
何故かROCKでは歌う人をよく見かけます。
通常のライブより人と人の距離が近いため、歌うのは大迷惑もいいところ。
想像してみてください。
「耳元で素人の下手くそな歌を2時間聴かされる」
何の罰ゲームかな??

・暑さ対策
ドリンクは絶対必要!!!!
凍ってるアクエリとかもコンビニにあるので便利。
前の方は手に持つ余裕すらない(こともある)ので首から下げましょう。

・持ち物
基本は手ぶら。
小銭(ドリンク用)とドリンクホルダーだけ持って入ります。
前方を狙う場合は携帯や鍵ですら邪魔になる。
腕時計やストラップ、キーケースも弾けてなくなる恐れあり。
ライブ後に下見たら残骸がいっぱい落ちてます。
最前付近は本当に戦場です。。。ダッシュ(走り出す様)

・荷物
大きな荷物や貴重品はロッカーに預けましょう。
リュックは後ろの人にめっちゃ邪魔なのでNG。
無くなったり、踏まれてぐちゃぐちゃになるかも。。。


〇まとめ

あれこれ書きましたがROCKのいいところは何といっても

a i k o が 近 い。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

これです。
後ろの方であったとしても、普通のホールで言えば5~10列目くらいの近さ。
そしてライブハウスならではの臨場感、一体感。
気付けばすぐ目の前にaikoがいることも。

Rockには夢がある・・・!!
無理のないよう楽しみましょ~!!

スポンサーリンク
あどせんす
あどせんす